Category : ミュージック のアーカイブ

 1 |  2 |  3 |  4 | 全部

2007年01月10日

ゴールデンアイドルポップス大賞2006

パーリスさん主催のゴールデンアイドルポップス大賞にとりあえず駆け込みですが今年もひっそりと参加。マイアイドルポップスベスト10です。2005年に比べてあんまりアイドルポップス聴いてない。と言うか2006年に出た曲が既にどれか分からないため苦労しました。痴呆は辛い。


01 THANKS / GAM
02 君の涙を無駄にしたくない / 滴草由実
03 PEACH:LIME//SHAKE / 岸本早未
04 Cherish the day / 倉木麻衣
05 REAL YOU / 山田優
06 Communication Break / 上木彩矢
07 MY WAY / 玉置成実
08 i Need Love / 中ノ森BAND
09 コイスルオトメ / いきものがかり
10 State of mind / 倉木麻衣


以下は選考理由。
01 あややとミキティだから。曲もここ最近のつんくにしては良かったけれど、やはりこのふたりが揃ったというインパクトに負けた気がする。あと何でPVがあんなにビアンくさいのか。心臓鷲掴みですよ。
02 サビに入った途端曲をぶち壊すようなビーサウンドクオリティに腰が砕けた。この曲の後に出たアルバムの方には普通に良曲ありますがビー系列のアーティストとしてあげるならこの曲で。
03 PVで2、3回見ただけなのに脳内リピートの回数が半端なかった。
04 麻衣ちゃんの歌が曲に置いてけぼり食らってるような印象も含めてアルバムでいちばん好きなので。
05 だゆうが好きだから。あと母親が「TVで流れててちょっと良い曲だと思ったら山田優だった!」って悔しがっていたので多分高齢のひとにも受けるアイドルポップスだったんだと思います。
06 上木の曲はどれを挙げても良かったのでジャケ写がいちばん可愛かったこいつに。この曲ではまだかろうじてロックシンガーという立ち位置にいたような気がする。KIX・Sの独り版みたいな感じで。
07 2006年リリースのナミさんシングルでいちばんインパクトがありました。
08 サビの猛る文子嬢の声が凄く好きなので。
09 曲の出だしの声が中村蕗子に似ている。
10 詞のインパクトが凄かった。僧正遍昭か。


予想はしてたけど今年は本当にビー絡みの女の子しか聴いていなかった。そういう意味ではアイドルポップスではないような気がします。しかし上木は凄い。1枚のアルバムであらゆるタイプのアイドルをカバーしていたなぁ。古くは中村あゆみやKIX・Sから最近では中ノ森BANDまで。曲を聴いて「あ、あれに似てる」と思うのが全部と言うのはなんて言うかもう本当に上木さんは只者じゃありませんねとしか。そんな上木さんと含むビーアーティスト(男性含む)を今年も応援していきたい次第です。


おまけに選考漏れでしたがなっちの『甘すぎた果実』は時代がかったイントロといい歌詞のちぐはぐさといいなかなかのアイドルポップスだと思いました。でもハロプロからはGAMで十分。それ以前になっちは選考外かもしれない。あとハイカラも1曲は挙げたかったのですが選考理由がユウスケくんについて語ることで占められそうだったので大賞の趣旨に反するため見送り。結果ビー尽くしになってしまいましたが好きなものは仕方がない。今年こそ死に掛け菅崎茜にリリースを期待したいですね(心から)

2006年03月01日

今週の気になる配信曲@iTunes Music Store

滴草由実 『花 kagari』
アルバム単位で購入すると『時よ(Demo Version)』がオマケにつきます。
東京エスムジカ 『Switched-On Journey』
マイコン兄弟 『恋はクエスチョン』
ZAZEN BOYS 『MATSURI SESSION LIVE AT YAON』
辻仁成 『JINSEI CONCERT IN PARIS』
より子 『Second Verse』
『For you…~花・卒業ソング~』
"花"をテーマにしたGIZA+ZARDの謎コンピ。

2005年12月20日

雑談

ぎゃー!!!!


やっぱり出ましたね。

2005年12月14日

音楽雑談

SPARTA LOCALS中山君のコーナー『中山日記』12月11日の記事にアヒト君が!!一緒に呑んでドラムのこととか話したそうです。ラヴいドリンキンドラマーズ。そんな2人は20日のライブで対バン。超楽しみです。


THE BACK HORNスペシャルライブ『マニアックヘブン』のチケット申込締切。まぁそれは良いんだけどさ、14日の12時といったら0時ではなく昼の12時を指さないかね? 何か間違えた人多そうですよ。ワタシも家に帰ってから申し込んでたら間に合わないところだった。


愛内里菜嬢がTBS年末恒例の『CDTVスペシャル!年越しプレミアムライブ2005〜2006!!(仮)』に出演決定。現在携帯サイトで観覧受付中とのこと。携帯持ちではないので関係無い話ですが、と言うか年末はおうちでおこた派なワタシですよ。きっと今年もこれ見て年越してると思う。

2005年12月08日

そういえば

KENKENの名前を見て思い出したのですが、RIZEのu:zoが抜けた穴を埋めるのはKENKENらしいですね。サイトの掲示板に本人が書き込みしてました。今決まっているライブだけらしいのですが今なら金子兄弟の共演が見れるので、それはそれで楽しそう。まぁ行けない訳ですが。
そんな御兄弟の共演ですが、今週の金曜日にお母様である金子マリさんのライブでも見られるようです。って言うか親子共演ですね。母が歌い、兄が叩き、弟が鳴らす。これでギターでもいれば完璧なんでしょうが、確かお父様のジョニーさんはドラムなんですよね。こうなったらCharさんでも呼んでくるしかないのでしょうか。それはそれでゴージャス過ぎる。まぁそれでなくても個人的にはかなり見たいセッションなのですが、今会社が傾きかけているのでライブどころじゃなさそうです。でも行けたら行きたいのでここにメモっときます。興味のある方は是非ご一緒に。飛び入りゲストもアリって書いてあるよ!(まさか本当に・・・・)

"金子マリpresents 5th element will"
12月9日(金)
@下北沢 440-four forty
5th element will[金子マリ(vo)、大西真(b)、石井為人(key)、松本照夫(ds)、岩田浩史(g)]
ゲスト:金子統昭(RIZE)、ケンケン(二枚舌/Super goooood!/他)、樹音
OPEN18:30 / START19:30
前売\3000 / 当日\3000(2order別)

2005年12月05日

茜丸の

サイトに『news更新!!』ってあったから、「おお!ついに新曲が!!!」と意気込んでクリックしたのにパン工場ライブの告知でしたよ・・・・ガッデム。最後のCD(beginning)が出てからかれこれ2年ちょい、生死不明とまで言われたあずみだって新曲を出すこのご時世に茜はいつまでワタシを待たせるのかな?これだけ待たされると正常な判断力とかが厭な感じに欠乏してくるのでホント勘弁。後輩(スパクリとか高岡とか竹井とか岩田とか)にガンガン出されててファンとしては大変切ない胸に風が吹きますよ。うーん、何て言うかさぁ・・・・三枝の制作費茜丸に回してくんないかなー正直三枝イラネ(゚゚)

うだうだ言ってたら下の弟から「しずくアルバムキター!!!!!」というハイテンションなシャウトが。メルマガが届いて来年の2月に3枚目が出ることになったそうです。で、茜丸は?(エンドレス)

2005年08月25日

ぴあ

今日発売のぴあにdaimasの日記スペシャルの集合写真が載ると聞いたので出勤前にコンビニ寄って見てみたんですが、あらららら。

各バンドのボーカルさんだけだったようです。

うーん、肩透かし。えーたいこさんはー?マキたんはー?永田君はどこー?みたいな切ない気持ち発動中。まぁあのスペースに全員入る訳がないのですが。924ブログ見たときに「この狭い空間にあの人数が!?」と思ったワタシの脳はどうかしてた。

2005年06月19日

よっしゃー

YOSHII LOVINSON のZEPP TOKYOのチケット取れたー!眠い目をこすって10時にぴあに繋いだ甲斐があったよ。これで金子や吉井さんや根岸さんが見れる。って言うかサポメン含めてこんなに魅力的なライブは初めてでホントドキドキするよ。Janneの日本武道館公演もチケ取れたし、下半期も色んなライブに行けると良いなーま、何よりも優先するのはB'zのドーム公演ですが。とりあえず東京は3日間全部行く。

今日は久々に何もない日なので溜まったライブ感想なんかを書いているんですが、B'zとSyrupは無理。愛が溢れ過ぎて空回りしてちゃんとした文章にならないよー

B'zと言えば「海猿」の主題歌に決定している『OCEAN』のリリース日が決定しましたね!今んとこビーパにしか情報出てないのでNewsの方にクリップ出来ないからここに載せておこう。リリース日は8月10日で3曲収録で1260円。収録曲は以下の通り。
『OCEAN』
 01 OCEAN
 02 なりふりかまわず抱きしめて
 03 Dear my lovely pain

『なりふり〜』は先日テレビCMで流れたあの曲ですが、3曲目は全然知らない。今のツアーの客出し曲か、全くの新曲か。ライブでやった誕生日の歌は違うだろうしなぁ。8月が待ち遠しいですよ。

2005年05月22日

進化論

『ダイヤモンドヴァージン』がリリースされたためか、M-ON!でJanne Da Arc特集なる番組が組まれていたので録画して見てみました。曲目は以下の通り。
01 EDEN〜君がいない〜
02 Mysterious
03 Dry?
04 feel the wind
05 Rainy〜愛の調べ〜
06 FREEDOM
07 DOLLS
08 Love is Here
09 月光花
10 ダイヤモンドヴァージン

何て言うか初期のyasuさまのキモさに軽く仰け反ってしまいました。特に『EDEN』、一瞬IZAMかと思うほど化粧の濃いその顔はまさにTHEビジュアル系。最近の太めのオッサンルックに目が慣れていたワタシにはなかなか衝撃的なお姿でした。でも一緒に見ていた愚弟も「あれはyasuさまじゃない、yasuだ!」と錯乱していたし、割りと一般人をドン引きさせる力はあったんじゃないかなぁ(別に己が一般人であるとは言わないが) ちなみにワタシがビジュアル的にJanneに興味を持ち出したのは『シルビア』の受話器で熱唱からです。あの頃は今ほどワタシたち姉弟のドツボを付く容姿ではありませんでしたが挙動がおかしかった。今はもう全てが完璧。私的に唄良し肉良し動き良しの掴みはオッケーな素敵オッサンバンドです。

あ、そうそうタイトルですが愚弟がyasuさまの呼称を「yasu(初期の化粧濃い頃) - yasuさま?(『Mysterious』辺りから) - yasuさま(『シルビア』以降)」と言っていて、あぁ進化してんだなぁと妙に納得したので。『Rainy〜愛の調べ〜』のyasuさまは曰く「負け犬の目をしている」そうですから。ワタシは『FREEDOM』のゴミ箱にINしていたyasuさまの姿が似合い過ぎてて笑い死にそうでしたけどね。

しかし休日の夜にJanneのPV見ながら腹抱えて笑う姉弟と言う構図は如何なものか。

2005年05月11日

くればさん

KREVA、Newシングル『イッサイガッサイ』詳細。
 6月15日リリース予定のシングルの収録曲とジャケ写が出ました。富士山?
 KREVAのCDは"くレーベル"からのリリースじゃないんですね。

 1 |  2 |  3 |  4 | 全部