2005年12月20日

ミュージック】 雑談

ぎゃー!!!!


やっぱり出ましたね。

ウェブ】 ねこねこパラダイス

:猫と遊べるお店 ねこのみせ:

陸上自衛隊@ねこ

ねこぺーじ

萌えネコ写真館コンテスト

Kitten War! May The Cutest Kitten Win!

ねこ好きにはたまらないカワイコちゃんズ。ねこ好きじゃなくても心がときめくよ。ちょう癒された。

2005年12月14日

ミュージック】 音楽雑談

SPARTA LOCALS中山君のコーナー『中山日記』12月11日の記事にアヒト君が!!一緒に呑んでドラムのこととか話したそうです。ラヴいドリンキンドラマーズ。そんな2人は20日のライブで対バン。超楽しみです。


THE BACK HORNスペシャルライブ『マニアックヘブン』のチケット申込締切。まぁそれは良いんだけどさ、14日の12時といったら0時ではなく昼の12時を指さないかね? 何か間違えた人多そうですよ。ワタシも家に帰ってから申し込んでたら間に合わないところだった。


愛内里菜嬢がTBS年末恒例の『CDTVスペシャル!年越しプレミアムライブ2005〜2006!!(仮)』に出演決定。現在携帯サイトで観覧受付中とのこと。携帯持ちではないので関係無い話ですが、と言うか年末はおうちでおこた派なワタシですよ。きっと今年もこれ見て年越してると思う。

2005年12月08日

ミュージック】 そういえば

KENKENの名前を見て思い出したのですが、RIZEのu:zoが抜けた穴を埋めるのはKENKENらしいですね。サイトの掲示板に本人が書き込みしてました。今決まっているライブだけらしいのですが今なら金子兄弟の共演が見れるので、それはそれで楽しそう。まぁ行けない訳ですが。
そんな御兄弟の共演ですが、今週の金曜日にお母様である金子マリさんのライブでも見られるようです。って言うか親子共演ですね。母が歌い、兄が叩き、弟が鳴らす。これでギターでもいれば完璧なんでしょうが、確かお父様のジョニーさんはドラムなんですよね。こうなったらCharさんでも呼んでくるしかないのでしょうか。それはそれでゴージャス過ぎる。まぁそれでなくても個人的にはかなり見たいセッションなのですが、今会社が傾きかけているのでライブどころじゃなさそうです。でも行けたら行きたいのでここにメモっときます。興味のある方は是非ご一緒に。飛び入りゲストもアリって書いてあるよ!(まさか本当に・・・・)

"金子マリpresents 5th element will"
12月9日(金)
@下北沢 440-four forty
5th element will[金子マリ(vo)、大西真(b)、石井為人(key)、松本照夫(ds)、岩田浩史(g)]
ゲスト:金子統昭(RIZE)、ケンケン(二枚舌/Super goooood!/他)、樹音
OPEN18:30 / START19:30
前売\3000 / 当日\3000(2order別)

2005年12月05日

ミュージック】 茜丸の

サイトに『news更新!!』ってあったから、「おお!ついに新曲が!!!」と意気込んでクリックしたのにパン工場ライブの告知でしたよ・・・・ガッデム。最後のCD(beginning)が出てからかれこれ2年ちょい、生死不明とまで言われたあずみだって新曲を出すこのご時世に茜はいつまでワタシを待たせるのかな?これだけ待たされると正常な判断力とかが厭な感じに欠乏してくるのでホント勘弁。後輩(スパクリとか高岡とか竹井とか岩田とか)にガンガン出されててファンとしては大変切ない胸に風が吹きますよ。うーん、何て言うかさぁ・・・・三枝の制作費茜丸に回してくんないかなー正直三枝イラネ(゚゚)

うだうだ言ってたら下の弟から「しずくアルバムキター!!!!!」というハイテンションなシャウトが。メルマガが届いて来年の2月に3枚目が出ることになったそうです。で、茜丸は?(エンドレス)

日常】 結局

今朝は5時半まで会社にいました。そして帰って風呂入って仮眠して13時に再度出社。30近いこの身体にこれは堪えるよねぇお肌荒れまくりだよねぇと同い年の同僚と笑い泣き。ええいああキミからもらい泣き。今日の午後は半分意識がありませんでした。20くらいの頃だったら試験前とかに3、4日寝ないでファミレスで勉強して図書館で仮眠をとってもう元気!ということが可能だったんだけどねぇ。そんなこんなで今日は定時過ぎには皆して帰りました。何しに来たんだ俺たちは(多分仕事)

2005年12月04日

おんなのこ】 まり子

今週は土日出勤です。本当なら今日はDADASライブに行ってる筈だったのになぁ。どうも上手くいかない。そして仕事は現在進行形で続行中です。もう明日の朝までおうちに帰れません。世知辛いよ人生。今年中にDADASの音を体感するという目標は達成出来ませんでした。ファッキン。ノッキン(?)

仕方ないので仕事しながらのんびりネットサーフィンしてます。余裕じゃねぇかこの野郎と突っ込まれそうですが、こうでもしないとやっていられないのですよ。いつでもやる気と収入は低めの平社員です。で、見ていたのは主に巨大掲示板のドラマスレ(野ブタ。と花男)なんですがこれが大変に熱くてビックリ。あーみんなハマってるんだなぁ。イヤワタシも相当なハマりようですが。特に昨日の野ブタ。は黒幕がついに分かっちゃった所為で軽くお葬式のような空気がワタシと下の弟の間に漂いましたよ。具体的に言うとこんな気持ち。野ブタ。が始まって裏で何かやってるらしい人間がいると知ってからワタシたちは2人とも『マリコに違いない、ってか絶対マリコマリコマリコ!』というほどにマリコ黒幕説を推して来ていたのでアオイが登場してこっちの方が怪しい(ほくろとか)ような雰囲気を見せていても頑なに「いやマリコに間違いない。って言うかマリコであってくれ!」「マリコならマリコならきっと何とかしてくれる(矛盾を)」「マリコ信じてるぞ」「マリコに全てを託した」と主張し続けていたんですが、それが今回で見事に砕け散りました。その落ち込みようと言ったら一緒にドラマを見ていた上の弟から「ドラマよりも2人の落胆ぶりが面白い」と言われるほどのヘコミっぷりです。あぁそりゃぁ落ち込むさ。狂おしいまでにマリコが小奇麗な仮面を外して豹変するところを期待していたのだから!そう思いながら1話からずっとマリコを見続けてその偽善的な行動に「これがあとでこんな伏線に・・・」とか思っていたら、全部素の行動ですか。そんな可愛くて性格が良くてその上一途なんて・・・・ごめんなさい大好きです。掌を返したようにマリコの幸せを祈りたいと思います。今日からワタシはバンドーに罵られながらマリコの幸せを祈るという方針に変更したいと思います。マリコ可愛いよマリコ。そして今週の回見てから改めて先週の回見ると、もう涙が止まらない。こんなに良い子なのにアッサリ手酷く振るなんてシュウジ最低上履きにぬかみそ詰めてやる!来週も目が離せません。

2005年12月03日

ライブ】 『HEAVEN'S DOOR15周年イベント月間』

今年最後のVOLAになるから行かなきゃ!とよく分からない勢いで仕事を抜け出し行ってきました三軒茶屋HEAVEN'S DOOR。初めてだった割に道に迷うことも無くすんなりと会場に着いたのは街の雰囲気が下北沢に似ていた所為でしょうか。おかげで10分程度の遅刻ですみました。今日のイベントはHEAVEN'S DOORの15周年イベントだったそうで入場時にステッカー頂きました。対バンはLITEWRENCH、どちらも名前は知っているけど音は聴いたことがなかったので楽しみでした。以下各バンドの感想です。


○VOLA & THE ORIENTAL MACHINE
本日のお目当てでしたが遅刻をしまして(馬鹿馬鹿死んじゃえ)、途中からになってしまいました。1、2曲は聞き逃したかなぁ。とりあえず着いたときには聞き覚えのある英詩の曲をやってました。やっぱり今回も曲名は分からなかったのですが(音源は来年1月25日リリースです)、多分『Communications refusal desire』はやってて、あとBUGYの『I scream』っぽい曲(どういう喩えだ)もやってた。音は相変わらず格好良かったです。たいこさんのドラムはパワフルで足元まで響き渡るようだったし、青木さんのギターは不可思議な高音を鳴らして脳味噌掻き回される感じだったし、有江さんのベースは全体の音に筋を1本通すように気持ちが良くて、アヒト君の歌声は不思議な空間を作ってました。いつもながらアヒト君の声は楽器のようです。いやぁ、本当にすごいなぁVOLAは。音に圧倒されまくりで楽しくて仕方がない。これでワンマンとかやってくれたら楽し過ぎて頭がおかしくなるんじゃないだろうか。うん、今日もそんな感じで顔がにやけまくりの身体が揺れまくりでした。たいこさん(ラヴ)が凄く楽しそうに叩いていたのも見ていて嬉しかったです。超良い笑顔なのにドラムを叩き壊す勢いで轟音を出すたいこさんが大好きです。でも今回シャウトはなかったかな?後ろの方にいたから聞こえなかったのかもしれないけど(ちょう人がいっぱいの混み混みで前に行けなかった) あと有江さんがめちゃくちゃアグレッシブに音慣らしてるのに身体がちっともぶれないところがすげぇと思いました。微動だにとまではいかないけどホント動かないなぁ、マキたん(Syrup16g)のようですね。ドキドキします。青木さんはやっぱり前髪は長いままでした。ワタシの知ってるギタリストは一様に前髪が長いのですが皆さんあれで物凄い演奏をされるからビックリですね。伊東君(スパルタローカルズ)とか山内君(フジファブリック)とか戸高さん(ART-SCHOOL)とか。それはともかく青木さんとアヒト君のセッションから始まる曲は格好良いなぁ、アレ何て言うんだろう? そうそう新曲もありましたよ!イントロのベースが格好良くて凄かった。アルバムに入ってると良いなぁ。そういやアヒト君のMCで「寒くなりましたね・・・・ここは暑いですが」ってのがあったんですが、そういってるアヒト君は黒いシャツでそりゃさぞかし暑いだろうなぁと思いました。30分くらいでしたが本当に楽しくて遅刻したことが首括りたいくらい悔やまれました。来年はもっと果敢にVOLAライブへ行きたい。

○LITE
“ギター×2、ベース、ドラムという構成の4人組インストゥルメンタルロックバンド”という謳い文句に惹かれ前々から気になる存在ではありつつもあったのですが、ライブを見るのはもちろん音を聴くのも初めてでした。が、これが期待していた以上に格好良くて参った。元々ギターロックは大好きなので2つのギターが畳み掛けるように重なって絡み合う音は聴いてて気持ち良かったです。その上ベースの音も結構強くて格好良いのが素敵。まるでひなっち(ZAZEN BOYS/ストレイテナー)のようだなぁと思っていたら何だか見た目までそれっぽかった。イヤ、似てたのはキャップ被っててスタジャン着てて体型がふくよかめなところだけなんですが。そんな格好良いギターとベースなんですが、唯一残念なところは彼らに比べてどうもドラムが弱いなぁというところでした。全体的に控えめでもっと前に出てきても良いのに主役になれば良いのにとじれったい気持ちでいたら最後の方で凄い格好良いのがきましたよ!もうドラムが主役俺最高!って感じのパワフルでとんがったドラムの独壇場です。うわーこの曲良いなぁ格好良いなぁとニマニマしているうちに演奏は終了。これは是非音源を手に入れたいと終了後早速物販で7月に出たというミニアルバムを買ったんですが、そこにいたのがメンバーの方で親切に「この4曲目以外は全部やりましたよ」と教えてくれた上、ワタシが「最後から2曲目の曲のドラムが超格好良かったです」と言ったら「あれは出来立てなんですよ」とニコニコしながら言ってくれてメチャクチャ心が和みました。次のアルバムが来年5月くらいに出るそうなのでそれには入るのかな。ちょっと楽しみです。と言うかまたライブ行きたい。

○WRENCH
宇頭巻やBACK DROP BOMBの対バンとして名前を見掛けていたのできっとダイブやらモッシュやらが物凄いんだろうなぁと少々及び腰で後方にいたのですが、セッティングが終わっていざ始まるぞとなったときにメンバーの誰かが「WRENCHいきまーす」とか叫ぶのが聞こえてちょっと可愛いなとほんわかした気持ちに。まぁその3秒後に凄い音に圧倒された訳ですが。音楽のジャンルには詳しくないので何と言うか知らないのですが、ボーカル(?)の方の前にサンプリングのためのつまみ(?)があってそこに取り付けられてるマイク(インカムっぽいの)に向かってボーカルの方がシャウトしまくりでした。聴いててワタシの頭に浮かんだのはブンブンサテラーイツ(超格好良い)!です。CDでしか聴いたことのない彼らの音をライブで体感したらこんな感じなんじゃないかなぁと。すごい楽しかった。と言うか身体が良い感じに揺れてました。前の方のお客さん(ニット帽率高し)はもう揺れまくりで皆さん楽しそう。そしてMCでボーカルさんが「怖くないから」と言っているのにまたしてもほんわか。まぁ確かにメンバーの方全員ちょっと強面っぽかったのですが。気にしてるとしたら何だか和んでしまいそうです。こういうタイプの音楽をライブで見るのは初めてだったので上手い言葉が出てこないのですが、格好良い音楽は格好良いものだなぁとありきたりなことを思いました。実は時間の関係で最後まで見れなかったのですが、次見る機会があったら今度は最後まで見たいですね。ちょっとCDチェックしてみようかな。

という3組でした。こういうイベントって自分のお目当て以外でも思いがけず良かったりするのが嬉しいですね。今回は2組とも大当たりでした。こんな素敵なイベントをセッティングしてくれた三軒茶屋HEAVEN'S DOORに感謝を込めて、15周年おめでとうございます。ありがとうございました。