2005年04月24日

ライブ】 ギャラリーフェイクライブ IN ギャラリー

深夜放映中のアニメ『ギャラリーフェイク』のイベントにテーマ曲を歌うナチュラルハイ&サンタラが出演するということで行って参りました。アニメがギャラリーをモチーフとしているだけあって開催もギャラリーで。要するにライブには適していない、狭かったです。まぁその分アーティストとの距離が近くて気持ち良い空間ではありました。

イベントはラジオ局と番組とのコラボ企画のようでライブ前にDJのアンナさんという方が少しばかりトーク。なんでDJの人の声って別世界チックなんだろう、生で聞くと凄いなと思う。んで前振り後にナチュラルハイ、サンタラの順で登場、セットリストは以下の通りです。

○ナチュラルハイ
01 オープニング(カオルコソロ/曲名不明)
02 愛カタリ
03 LIFE
04 LAH LAH LAH
05 プロローグ
06 だから、私は歌う
カオルコ(愛ゆえに呼び捨て)超可愛い!!イヤもう昨年末のチョコMIXで見たときから相当惚れてたんですがやっぱり今日も可愛かった。ぎゅっと抱き締めたい。ユウ(愛ゆえに以下略)は誰かに似てるなーと思ってたら・・・・アレだよ、カオリ。カオリの印象を明るくした感じなんだ(カオリに失礼) 道理で好みなのにときめかない筈だよ、カオリいるからな・・・・・
まぁビジュアル的感想はそこまでにして演奏。まずはカオルコのみ出てきてピアノのインスト曲を拾う。会場が狭かったのでエレクトーン使ってました。その所為かどうも音がちゃっちく感じてしまって残念。2曲目からはユウも出てきてシングル曲を立て続けに披露。ユウの高音域でも笑顔で歌う様子に美輪先生の「顔が崩れるのは歌手として失格」という言葉を思い出し、ユウは合格だなーとぼんやり思ってました。ただ2人ともちょっと緊張していたのか多少声が硬かったりピアノにムラがあったりはしてましたね。つってもそんなに酷くないけど。最後の方は伸び伸びと演ってましたし。ナチュラルハイの曲は聴いててとても気持ちが良いので幸せ。ところで演奏した曲がすべてシングルだったのは正直ありがたかった。糞盤なのでアルバム買ってないしシングルも買うほどではないワタシ的にナチュラルハイの曲を聴けるのはスカパーのPVだったりするんで。新曲は『だから、私は歌う』の方が好きかな。MCではユウがクリムトの絵が好きだと言い画集を持参、力入ってるなぁ。まぁトータルでの感想としては場所が場所なこともあり不完全燃焼。夏には全国ツアーを行うそうなのでちょっとそっちに行ってみようかという気になった。

○サンタラ
01 (不明)
02 バニラ
03 うそつきレノン
04 思い過ごしの効能
05 太陽
06 JOY AND PAIN(新曲)
ボーカルの田村さんの声がUAをさらに気だるくしたようなだるだる声でとても良かった。こちらはナチュラルハイよりもさらに縁が無くて『うそつきレノン』と『思い過ごしの効能』しか聴いたことなかったんですが他のも良いですね。さらに田村さん、砂田君お二人のキャラがとても良い。イジメっ子とイジメられっ子?みたいで。知らない曲でも割りとすんなり楽しめました。

ライブ後は抽選会(シャンパンのプレゼント)があって20時前くらいに終了。1時間半くらいの短いイベントでしたがなかなか楽しめました。

2005年04月23日

ミュージック】 きらめき ゆらめき ときめき

先日M-ON!でPV解禁されたという話を書きましたが、どうやらオフィエイベ共にBGMが『ダイヤモンドヴァージン』に変わった模様。オフィはサビのみ繰り返し、エイベの方はサビの直前のメロから微妙に後奏くらいまで。両方聴けば大体曲全体が見えます。かるーいJPOPといった感じですねぇ。まあこれはこれでアリかなとワタシは思ってたんですが何かと正直なうちの愚弟の評価は鬼だった。「糞曲」と一言。曲も詞も手を抜き過ぎている感があって気に入らないそうです。確かにyasuさま楽そうに歌ってるけどさー歌詞は繰り返しのフレーズ多いけどさーそこまで言わんでも、と思わずフォローに入ってしまいましたよ。でも簡単で歌いやすいのは確かです。通して3回聴けば十分カラオケで歌えそう。

そんな脂肪さんたちの真骨頂はやはりアルバム曲、リリース決まったのでそっちの方が気になって仕方ないです。

2005年04月20日

ミュージック】 ダイヤモンドヴァージン

M-ONでPV解禁になったので張り切って録画してみました。んで今日見た訳なんですが、何というかyasu様キモ・・・・もといビジュアル系っぽく髪が伸びていた。そして変な髪形だった。shuji以外のメンバも髪が伸び伸びだった気がする。呪われてそうな感じ。鶏肉に。

楽曲ですが、歌謡曲っぽいキャッチーな印象です。『月光花』の次に来る曲としては良いんじゃないでしょうか。個人的にはもっとガンガン楽器が五月蝿くても良かったかなぁと思ってますが、まぁ悪くない。まだ1回しか聴いてないので聴き込むうちに大好きになる可能性は大。何故ならワタシがいちばん好きな曲は『ヴァンパイア』だから。歌詞についてはまた後日。メソメソてんなーとだけ言っておきます。

2005年04月14日

テレビ】 日テレ『ミンナのテレビ』

すっげーつまらなかった。

未だかつてこれほどグダグダな新番組があったか否無いと言うほどのつまらなさ。B'zが出るなんてことがなければ絶対見ないですね。たとえあややや松潤やだゆう(山田優)が出ているとしても!実際見始めたのはB'zが出るちょっと前だったんですがそれでも辛かった。つまらなすぎて涙が出た。でも頑張ったよ。

○B'z
北海道からの中継ということでお二人とも大変寒そうな格好をしていらっしゃいました。この天気で外かよ。これからツアーだってのに野外でコント(激しくつまらない)を見せられるなんて気の毒としか言いようが無い。風邪引いたらどうすんだーと思いながらも厚手のコートを着ているお二方の可愛らしさにはときめいた。で、「もし2人がB'zじゃなかったら」というテーマでB'z抜きにはありえないコントを展開。何かこう寒いんだよなー・・・・まぁそれは大体予想ついてたのでひたすら2人のリアクションを見てました。稲葉さん、自分のコント見ているとき引きつってたような・・・・単に寒かっただけかもしれないけど。笑ったまま口の形が固まってたし。でもTAKサイドのコント見ているときはマジ笑いしてたと思う。何かリアクションが違った。一方のTAKはアレは何なんだろうなー喋り声が小さいってことなの?それとも彼はギターで語るってことを言いたかったのかな。ちょいと趣旨不明。TAKの反応はふーんへーみたいな感じでどうでも良さそうだった。ま、思ったより早く歌の方にいってくれたので良かった。寒そうだったよ。
歌は『Fever』と『愛のバクダン』、もちろんどっちも好きな曲ですがどうせ2曲やるなら1曲はアルバムから新曲をやって欲しかったな。『パルス』とか格好良くて良いと思うんだけど。ワタシが好きなのは『Fly The Flag』だけど。そうそう、嬉しかったのは徳ちゃん、シェーン以外のツアーメンバーが揃っていたこと。増田さんお久しぶりです〜大田さんも良いコーラスしてましたね。あぁこんな風に揃ったの見ちゃうと一刻も早くライブ行きたくなっちゃうよ!歌の方はとても良かったです。幸せになりました。B'zもサポメンの皆さんも大好きだ。

○あやや
聖子ちゃんの曲をカバーしてました。相変わらず超可愛い。キャスターの真似事をするコーナーがあってその喋りを見てたら、不意にあややサイボーグ説を思い出した。やっぱりアイドルとして完璧すぎると思う。どこかにチップ仕込んでないかな。

○だゆう
異常な露出がたとえ何者の陰謀だとしてもだゆう可愛いから許す。歌はそれなりに上手いですな。さすが元y'z factory(うろ覚え)

○松潤
弟曰く「和田の背凭れくらいにはなるんじゃない」ほど影が薄かった。もう見ていて可哀想になるくらい存在感が消されてたよ。格好も相変わらず変だったよ。でも堂々と『ファンタスティポ』歌ったので全て帳消し。ってか台無し。嵐の中居はやっぱりコイツだ。個人的なヒットは最後に被ってた鮎(魚)でしょうか。似合い過ぎてたよ。

○かつーん(カトゥーン?)
オダギリとヤブキ(ごくせんでの役名)しか分からない。一体どこまでがJrでどこからが連中だったのだろう。

○その他
青木さやかはもう良いです。和田アキ子もおなかいっぱいです。あとこの番組が1クール持つのか本当に心配です。

2005年04月13日

日常】 幸せ天国

今日はワタシの大っ嫌いな上司がいないので大変仕事場が快適です。いっそのことずっと来なきゃ良いのになぁ。こういうのに限って殺しても死なないと言うか無駄に丈夫なんだ。ヤツがいる限り、ワタシの頭の中からテンプスタッフのCMが消えることは無いのです。

2005年04月10日

日常】 4月9日12時45分

生まれて初めて車に轢かれました・・・・・バイクに轢かれたことはあるけどね、もうビックリですよ。って言うか衝突する寸前、かわせないと分かった時点で勝つつもりだったんですが、やはり車は強かった。しかしワタシも強かった。こちらの負傷、自転車の前輪とペダル、そして数箇所の擦り傷です。うわーありえねぇ!

まぁ常に血圧(上)が90超えるか超えないかの低血圧で貧血気味で筋肉ゼロの筋肉痛が出るのは2日後というボロボロの身体のクセに、頑丈さだけは中学生の頃から変わらないんですな。あの頃もバイクで跳ね飛ばされたけど無傷だったしなー悪運だけは強い自分に乾杯です。

けれどそのおかげで書きかけの椿屋ライブ感想が終わってません。うー悔しい。

2005年04月08日

ライブ】 椿屋四重奏『熱視線掘

椿屋四重奏ワンマンショー
<熱視線III 〜狂おしいほどじれったい〜>

「狂おしいほど焦らしてすみません」というVo中田君の科白(赤薔薇持参)と共に開演時間より10分押しで始まりました熱視線掘∈嚢發任靴拭もうこれでもかこれでもかとばかりに響く轟音の艶ロック、メチャクチャ気持ち良かったです。

椿屋3回目、ワンマンとしては初のライブだったんで楽しみにしてたんですが、やっぱりCDの曲は殆ど演ってましたね。演らなかったのは『一刹那』と『嵐が丘』くらいか。どうせなら全部やって欲しかったけどまぁ新曲聴けたので満足。相変わらず中田君の唄は声量も音程も安定していて素晴らしいと思いました。楽器の演奏に負けてしまうようだと淋しいからなーそうそう、その楽器隊の演奏もまた素敵で素敵でうっとりですよ。割りとベースの音が良く聴こえるんですよね。今回見ていた位置は左手寄りの中田君サイドだったんですが、それでも永田君のベースよく聴こえました。ソロパートの低音が堪りませんね。小寺さんの静と動のギャップが激しいドラムも良い。椿屋って基本的に皆好き放題音鳴らしているような気がして、そのぶつかり具合が絶妙なんだろうなと思いました。ま、演奏中お互いを良く見てますけどね、その所為か(納得)

各曲について。最初の『群青』、アルバムの1曲目というのもありますが、これ聴くと始まるなぁっていう感じが沸々して一気にテンション上がります。2曲目の『舌足らず』へ繋がるところもとても格好良い。椿屋だなーって嬉しくなります。
んで3曲目に演った新曲『熱病』(タイトル不正確)は次のアルバム(9月予定!)に入るらしいのですが従来の椿屋路線でまさに艶ロックといった風情。すげぇ好きです。逆にアンコールでの新曲『プロローグ』はMCで中田君が「自分が本当にやりたかった音楽」と言っていたのですが正直微妙なところで。何と言うか、椿屋の音楽にしては随分とキャッチーだなぁと思ってしまったんですよ。キャッチーなことは別に悪くないんですが(好きだし)、ワタシが好きな椿屋の音楽の魅力がどうにも"聴き難い"というところにあるようなので聴き難さから中毒に陥る椿屋ロックにしてはパンチが弱いなぁと思いました。ロックだけど艶が足りない、みたいなね。タイトルも椿屋っぽくないから余計そう思っただけかも。何せ6月発売の新曲『紫陽花』『螺旋階段』は傾向は違えど共に椿屋の魅力がふんだんに詰まった曲だし、『十色の風』(中田君の弾き語りでした)もそうだったし。ま、ライブでちょっと聴いただけの感想なので音源聴いたら吹っ飛びそうですけどね。
戻って感想。『終列車』はもうベース最高!の一言に尽きる。ってかワタシ永田君大好きです。そして『成れの果て』『硝子玉』、『硝子玉』演る前っていつも中田君が「バラードです」みたいなMCを振るのですがどうもそんな感じがしない。むしろそれ以前に椿屋の曲でバラードって思えるものは『小春日和』くらいかも。各楽器の音が強過ぎるのかも。どの曲に於いても声!ギター!ベース!ドラム!って風に各方面から畳み掛けられる印象が強い。そこが好きなんです。えへ。
7曲目の『春雨よ』を終えたところで一旦永田君と小寺さん退場。中田君のソロコーナー(『熱視線』恒例らしい)が。『ぬけがら』『春夢去りて』『十色の風』の3曲と軽快なトークと共に熱唱。『春夢去りて』は仙台時代の曲で『風の何処へ』の前章にあたる曲らしいです。「皆桜桜って桜の曲ばかり出して・・・」と言ってから自分でも桜の歌出してましたっていう彼がとても可愛らしい。でもコレはこの先の音源化はなさそう。残念。
再び3人になって『波紋』『導火線』『小春日和』とミディアムテンポの曲を。この辺の曲が椿屋的"艶"の部分をいちばん良く表してると思う。言い換えるとやらしいな(笑)と。続いて今度は激しめに『道づれ』、最愛の『空中分解』とロック全開。両方ともライブでは割りと定番の曲と化してますが『空中分解』のイントロのギターからベースへ繋がる瞬間が大好きです。何度聴いても良い曲だ。幸せ。本編締めは新曲の『紫陽花』、『螺旋階段』よりこっちの方が大人しいかな。どっちも好きだけど。
椿屋が引っ込んだあとお決まりのようにアンコールを求める拍手が鳴り捲ってたんですが、そのうち誰からともなく「アンコール!」の声が。こういうライブハウス系でアンコールを聞くなんて久しぶりで驚いてたら出てきた中田君の第一声が「古典的なアンコールありがとうございます」でまた笑った。でも椿屋の雰囲気にはちょっと合ってた(笑)
アンコールの曲目は先程も取り上げた新曲『プロローグ』と『かたはらに』『風の何処へ』。『かたはらへ』はワタシが椿屋を初めて聴いたときに物凄い衝撃を感じた曲なのでイントロ鳴った瞬間笑っちゃった。『風の何処へ』は壮大な感じがこれからを期待させる良いエンディングだったなぁ。ダラダラ書きましたが曲感想はこんな感じ。

最後にメンバーについて。中田君は前回、前々回と見ているので相変わらず愛想良く軽妙なトークをかますなぁとニコニコしながら見てました。よく喋るMCってだけじゃないんだよね。ここ最近のロックバンドでこんなにエンターテイナー性を持っている人って知らない。演奏以外のところでもとても楽しませて頂きました。
その真逆がベースの永田君。終始無表情で一言も喋りませんでした。でも演奏中はノリノリで動きがとても良く、音も自己主張激しいんですよ。首から下のみね。そんなギャップが堪らず視線は常に彼を追ってました。メンバーと顔合わせ照れば自然に笑顔のひとつやふたつ出ると思うんだけどなぁ・・・・そういや前回のジャパサでも彼は無表情だった。最後の方でちょこっと笑ってましたけどね、アレは可愛かった。ちょっとこの先が楽しみです。
最後に小寺さん、彼は普段はあまり喋りませんが中田君のMCに要所要所で突っ込みいれてくるんですよ。それが物凄く絶妙で、母親のようだった。歳も上だしブレーキみたいな感じなのかなと勝手に思ってみたり。プレイは全然落ち着いた感じないですが。
そういや椿屋はメンバー紹介きちんとしてました。ひとりひとり紹介するときの各人のソロプレイがとても嬉しかった。

まぁ全体の感想はこんな感じでしょうか。まだ書き忘れてることありそうですがまた再来月に行くので今回はこの辺で。次回は6月18日九段会館にて『九段心中』です。相変わらずライブタイトル素敵過ぎ。

椿屋四重奏『熱視線掘戰札奪肇螢好
01 群青
02 舌足らず
03 熱病
04 終列車
05 成れの果て
06 硝子玉
07 春雨よ
08 ぬけがら
09 春夢去りて
10 十色の風
11 波紋
12 導火線
13 小春日和
14 螺旋階段
15 道づれ
16 空中分解
17 紫陽花
encore
18 プロローグ
19 かたはらに
20 風の何処へ

2005年04月05日

テレビ】 『僕らの音楽』3月26日

今更ですがやっと見たので。

トークに関しては割とB'z初級者用といった既出の質問が多かったのですがこうやって聞くのは久しぶり(初めてのも!)だったので楽しかった。と言うか何であんなにデータが間違っているのだろうか。

歌の方ですが『love me, I love you』をTVで見たあと聴いてみたんですけど変わってますね、すごく。深みを増した、と言うか表現力が上がったという感じかなぁ。Mステでも歌ってたってことはライブでもやるのかな。生だともっと過ごそう。『愛のバクダン』はまぁMステ同様安定してて良かった。あの曲は簡単だと言うけどやっぱり稲葉さんにしか歌えない歌だと思う。そして『Fever』、正直歌詞を見て稲葉さんがオヤジになったなぁと思ってしまいました。あんまり見た目とかで歳を感じることは無いんですがこれは・・・・・ねぇ(笑) ま、好きなんですけどね。音はメチャクチャ格好良いし。ライブで聴くのが楽しみ。